クレジットカードを作るときの審査基準って?

キャリアウーマンのイラスト

クレジットカードの審査が通らない理由に絶対のものはありません。なぜならカード会社各社によって審査基準が違いますので一概にいえないからです。

よく言われている審査が甘い会社/厳しい会社などもあくまで経験則に基づく評判に過ぎません。

とはいえどこの会社も大体似たような項目を参考にしているのだろうと推測されます。その一つが信用情報です。

審査落ちの理由のほとんどが「信用情報」によるもの

信用情報とはあなたがこれまで支払いをしてきた履歴です。いくら使っていくら返したのかはもちろん、返済遅延したことがあるか、どのくらいの期間遅延したのか、といった細かいデータまでわかってしまいます。

借入やクレジットカードや品物の分割購入利用をした場合に、それまでの契約や返済歴を記載している、まさにアナタの"信用"の数値です。

→信用情報を開示してみる

一回だけの遅延で信用が大きく傷つくことはありませんが、何度も繰り返した遅延、支払い拒否など、または債務整理や自己破産などの法的手続きなどを行ったことがあれば事故情報として記載されてしまいます。

信用情報に事故情報が記載されていると、審査に通りにくいと言われています。

これは当たり前のことで、クレジットカード会社としても遅延を繰り返している人には返済してもらえないのではと疑念を持つでしょう。その結果、安全策として発行に至らないこともあります。3ヶ月以上の延滞があった場合や債務整理をした場合も、金銭的にトラブルを起こしているので、通りにくいと考えられます。

また、解決をしてから最低でも5年は経過しないと、信用情報から記録が消去されることはありません。

身に覚えのない場合は、一度、もしくは短期間の間に、10枚以上クレジットカードの申し込みをしていて、お金に困っているのではと疑われて、クレジットカードの審査に通らないこともあります。

複数のクレジットカードを所持・申込

あまり知られていませんがカードを複数枚もっていると審査に不利になることもあります。

たとえばゴールドカード以上のステータス性の高いクレジットカードを幾枚か保有している場合で一般向けのカードの申し込みをした時、審査時に契約情報を見て、たとえ発行しても、一般向けのカードの使用頻度が低いのではないかと判断され、発行を見送られるケースもあります。

また短期間に何枚もクレジットカードの申込をした場合も不審に思われる可能性大です。最近ではクレジットカード現金化という悪徳金融屋がやっている行為も問題になっているため、カード会社各社は特に慎重です。

あとは借入金の総量規制なども関わってきます。年収の1/3までしか借り入れできないアレです。クレジットカードにはキャッシング機能もついてますからそういった面からも複数枚の所持は回避されがちです。

その他審査項目

年収
一定額の収入があることはもちろん、安定した定期収入があるかどうかが大事なポイント
職業
定期収入とも関連しますが、大企業か中小企業か、正社員かアルバイトか派遣か、などで収入面も変わってきます。
住所
賃貸か持ち家かによって返済能力は大きく変わります。また持ち家なら最悪の場合、取りっぱぐれもない審査も通りやすいです。
家族構成
両親はいるか、結婚はしているか、なども大事です。本人が返せなくても代わりに返してくれる確率があがるからです。

更新履歴

2017-08-17
2017-08-17