1. TOP
  2. 信用情報を確認する方法

自分の信用情報を確認してみる

ローンにしろ、キャッシングにしろ、お金を借りる際には審査が必ず行われます。審査では個人の信用が深く関わっており、ブラックと呼ばれる立場であることが発覚すれば、審査に通らなくなってしまいます。

個人の信用情報はクレジットに関わる情報が集められた、個人信用情報機関というところで管理されており、融資サービスを提供する貸金業者や銀行は必ずこの情報をチェックしています。

自分がブラックであるか確認するなら、これらの機関で情報の開示を求めてください。自分自身のものであれば、意外にもあっさりと管理されている情報を見ることができます。申請方法はインターネットが簡単でおすすめです。

例として、個人信用情報機関の一つであるCICの場合だと、インターネットで申請をすることで、インターネット上で自分の情報を確認できる仕組みになっています。スマートフォンでも確認可能です。手数料として1000円が必要で、クレジットカード払いにのみ対応します。

開示されたなら、お支払情報の部分を見てみましょう。そこに返済の延滞記録があると、審査に通りにくくなります。1回ならそこまで深刻ではありませんが、2回連続の延滞がある、また3回連続以上の延滞で異動の文字が記載されていると、ブラックの状態であることが判明します。

信用情報を確認する方法

信用情報は「日本信用情報機構」「全国銀行個人信用情報センター」「CIC」の3つの個人信用情報機関に記録され、クレジットカード会社はこれらのデータを請求し審査に利用しています。

→信用情報を開示してみる